ほくろを電気で除去する ほくろの除去タイム

2009年08月21日

ほくろを電気で除去する

電気凝固法というほくろの除去方法があります。
主に今はレーザーで焼いて除去してしまう方法が多く、その方法についてはどこの病院でも取り扱っているところが多いそうですが、電気凝固法を取り扱っているところは病院によります。
では電気凝固法とはどのようなほくろに対して利用するのかといいますと、ほくろの中でも「イボ」のようなほくろがあるかと思います。
イボと聞くと決して小さいものも想像するのではなく、大きいものを想像するかと思います。
対象としては1センチ以上のほくろに対してこの除去法が利用されているようです。
その方法は名前のとおり、電気によって除去するようになっています。
電気で削るといったほうが正確かもしれません。
あまりなじみのない方法かもしれませんが、出血もほとんどなく、割と簡単にできてしまうそうです。
ちなみに、出血がほとんどない除去方法はレーザーでの除去も出欠がほとんどありません。
この2つに共通するのは刃物のようなメスを使わないということでしょう。
血が苦手な人はこういった方法が良いのではないでしょうか。
また、電気凝固法が大きいイボのようなほくろを対象としているように、大きさによってそれに合った除去方法というのが必ずあります。
絶対にこの方法でないといけないということは特にないようですが、ほくろの大きさはいろいろなところで左右される分岐点だともいえますね。
除去方法にしてもそうですし、費用面でも大きさは左右されると思います。ですが、あまりにも大きいものは除去した方が良い場合もあります。

ラベル:ほくろ除去
posted by ほくろん at 03:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。