手のひらのほくろ ほくろの除去タイム

2009年05月31日

手のひらのほくろ

ほくろができる場所によっては良い悪いという運勢を占うような言い伝えがありますよね。
たとえば先ほどの泣きぼくろについては人相としては良くないというものでした。
逆に良いとされているほくろは口の上にあるほくろや手のひらにあるほくろですよね。
唇の上にあるほくろに関しては「食いっぱくれがない」と昔から言われており、除去してはいけないとされています。
実際に唇の上にほくろがあると気になるのでしょうが、これは良いほくろだと解釈し、除去せずにうまく付き合ったほうがよいでしょう。
また、手のひらにあるほくろは手を握ったときにそのほくろが隠れるとお金持ちになると言われています。
人相学の専門家に言わせればほくろの位置によってその人の運勢はどういったものなのか占ってしまうのでしょうが、私たちほくろについての知識がない者にとっては言い伝えを良い方向に解釈するしかないですよね。
では手のひらにあるほくろは医学的にみたらどうなのかといいますと、やはり手の平も刺激が多く、紫外線を浴びやすいということから、安全な場所とは言えないようです。
足の裏も要注意の場所でありましたが、手のひらも普段頻繁に使いますよね。
そう考えるとやはり油断はできないということです。
もし突然手のひらにほくろができて握りこぶしを作ると隠れるからといってうかつに喜んでいるのではなく、大きくなったりしないうちに除去してしまうか、受診して様子を見るほうがいいでしょう。


posted by ほくろん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。