足の裏のほくろ ほくろの除去タイム

2009年05月30日

足の裏のほくろ

除去したほうが良いとよく言われているほくろは足の裏にできるほくろです。
なぜ足の裏にあるほくろは除去したほうが良いと言われているのでしょうか。
さきほどほくろは刺激を与えすぎてはいけないと言いました。
それに関係します。というのは、足は普段私たちが歩くために必ず使用する体の部位ですよね。
特に足の裏は歩くことによってその都度刺激を与えることになります。
よって、刺激を与えすぎて悪化してしまう可能性が高いといいわけです。
まったく歩かずに生活するなんてことは不可能ですよね。ほくろが悪化するとがんになります。
特に刺激の多い足の裏のほくろはがんになりやすい、というわけです。
その割合はどのくらいだと思いますか?それは10人に1人だそうです。
この数字だけ聞いてもあまりぴんと来ないかもしれませんが、10人に1人の割合でがんになってしまうと考えると決して少ない数字ではないのかもしれませんよね。
そう考える非常に怖い話であります。
普段紫外線を浴びる確率としてはもっとも少ない足の裏。
ですが、あまり紫外線を浴びない足の裏にほくろができてしまったら、やはり今後のことを考えて早めに専門家の方に見ていただき、除去するほうがよいでしょう。
とくに大きさにも注意して、とがった鉛筆の先くらいの大きさでしたらさほど気にすることはないのでしょうが、5ミリを超えるものを見つけたら結果的にほくろでなくとも受診をお勧めします。
特に突然できたものに関しては要注意だそうです。



posted by ほくろん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。