ほくろは突然できる? ほくろの除去タイム

2009年05月14日

ほくろは突然できる?

いつのまにか気がついたらほくろができていた、なんてことはありませんか。
ほくろは小さくても大きくても皮膚にできれば気がつくことが多いです。
色が黒い、または茶色いものが皮膚にできるとそれだけ目立つということですね。
ですが、今自分の皮膚にあるほくろは小さいころからあったものなのか、それともある程度年齢がたってからできたほくろなのか、区別できるものは以外に少ないと思います。
医学的には大人になってからできたものに関してはあまり着にする必要のないものだそうです。
特に小さいほくろに関してはそれが何か悪性に変わってしまうといった心配はないそうです。ほくろというものは「できる」とう表現では厳密には言わず、もともとは皮膚の組織の中でメラノサイトが活発になって黒い点となって現れたという言い方の方が正しいそうです。
ほくろも皮膚ということですね。
メラノサイトが活発になるのは紫外線の影響やストレスなど、いろいろな原因があると言われています。
特に紫外線がそういった作用を起こすといのは皆さんご存知ですよね。
こういった原理からある程度年齢を重ねてできたほくろについては気にすることはないということなのでしょう。
逆に小さいころからあったほくろが大きくなってくるなどの変化があった場合は注意した法が良いそうです。
その際はすぐに除去することを考えず、まずは専門家の方見ていただき、除去するかどうか判断したほうが良いと思います。

タグ:ほくろ除去
posted by ほくろん at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。