ほくろはよく考えて除去しよう ほくろの除去タイム

2009年05月10日

ほくろはよく考えて除去しよう

ほくろの種類は2種類あるといいましたが、色素性母斑というほくろはどういったものなのでしょうか。
色素性母斑という種類は聞いたことはありますか?あまり耳にしないかもしれませんね。
だいたい私たちの皮膚に現れる黒い点はみな総称してほくろと呼ぶのが普通ですよね。
専門家の方からすると単純黒子なのか色素性母半なのかすぐにわかると思います。
色素性母斑とは点のようなものではなく、「あざ」のような形をしているそうです。
これも大きさは特に決まっていなく、さまざまです。
そして形も表面は盛り上がっているものもあるそうです。
毛が生えているものもあります。色素性母斑で注意しなければならないのが、悪性になってしまう場合があることです。
悪性となると皮膚がんといった恐ろしいものに変化してしまうということです。
あまりにも大きいものや気になる場合は除去したほうが懸命かも知れませんね。
ただ、そんな簡単に悪性になってしまということではなく、悪性になる可能性は非常にまれだということですので、気にしすぎもよくありません。
一度病院に行って診察をしてもらい、今後のために除去する必要があるのかないのか、判断していただくことが大事です。
レーザー治療も簡単で跡がのこりにくいとは言われていますが、簡単に皮膚を傷つけてよいということではありません。
長年付き合うわけですので、放っておいてよいのかそうでないのかよく考えてから除去すると良いでしょう。

タグ:ほくろ除去
posted by ほくろん at 23:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。