ほくろの除去タイム

2009年07月04日

ほくろ除去の方法

レーザー除去での方法はほくろをレーザーで焼くような形で除去することを言います。
このレーザー除去が今では主流になっているようです。
理由としては「痛くない」「メスを使用しない」といったさまざまなメリットがあるからだと思われます。
ですが、先ほども言ったように、レーザーでの除去については根から完全に除去できるのではないために、再度同じ場所にほくろができてしまう可能性はあるということが言えます。
逆に根から除去してしまう方法は「くりぬき法」と呼ばれるもので、皮膚を切って根からくりぬいて除去してしまうという方法になります。
これは先ほども言いましたが根が取れるので再度同じ場所にほくろができる可能性は非常に少ないと言えます。
ですが、患者さまにとっては「メスを使う」といった理由から、保険適用の範囲であっても保険適用にならないレーザー除去を選択する人も非常に多いそうです。
見えない場所でしたらそんなに気にならないかもしれませんが、女性であれば特に顔にはメスなど入れたくないですよね。
そう考えると同じ場所にほくろができないことを願いつつもレーザーの除去方法を選択してしまうのはしかたがないと思います。
もちろん技術が進んでいる現代ではくりぬき法でも傷が目立たないようになっているのでしょうが、それでも傷をつけた皮膚にまったく跡が残らないとは考えにくいのでどうしても避けたいところなのでしょう。
あとは大きさや悪化する可能性があるかどうかで方法は決まってくると思われます。

ラベル:ほくろ除去
posted by ほくろん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

目的別ほくろ除去

厳密にいうとほくろ除去の費用に関しては、「治療目的」と「美容目的」の2種類に分かれます。
治療目的というのはこのまま放っておくと悪性になってしまう恐れのあるものを主に指すので今のうちに除去しておきましょうというのが治療目的です。
美容目的というのはここにほくろがあると見栄えが良くないなどの理由で除去することを言います。
治療目的では保険適用として取り扱い、美容目的での除去は保険適用外として取り扱うといったような線引きをしている病院もあるようです。
そういった線引きは病院の判断になりますので、自分の希望にそぐわない場合もあります。
病院からすると美容目的であっても、自分としては今まで小さかったはずのほくろが少し大きくなって今は検査の結果なんともないけれど心配だから除去したいといった理由であれば保険適用になるのではないか?と感じる方もいるでしょう。
非常に線引きがあいまいではありますが、一度費用面含めて相談をし、除去したいほくろがどういう経過があって、どういった理由で除去したいのかということを明確に伝えるべきです。
こちらに選択肢を与えてくれる良心的なドクターであれば別ですが、すべてがそうだとは限らないので、カウンセリングには時間をかけたほうが賢明ではないでしょうか。
保険適用であっても決して少ない金額でできるものではありません。
技術面の心配クリアした状態で除去をする決意をすれば失敗のリスクも少ないと言えるでしょう。



ラベル:ほくろ除去
posted by ほくろん at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。